退職後の傷病手当金

条件を満たせば退職後についても傷病手当金がもらえる

傷病手当金は病気やケガの治療により働くことができなくなり、会社から給料がもらえなくなった時に支給されます。
傷病手当金がもらえる条件は以前のページでも確認しました。
しかし条件を満たした場合には退職し健康保険の資格を喪失した場合にも傷病手当金を受けられる場合があります。
このページでは退職後の傷病手当金の支給条件について確認していきたいと思います。


スポンサーリンク

退職後の傷病手当金について

「退職後に傷病手当金傷病手当金をもらう」ということに違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
それは傷病手当金の支給条件に「会社から給料をもらえなくなったときに支給される」という条件があるからでしょう。

会社に勤めている=給料が支給される→病気欠勤により給料がもらえなくなる→傷病手当金が支給される

会社からもらっていた給料(=生活費)が病気により得られなくなるため、その生活費を保障するために健康保険から給付を受けられるのです。これが傷病手当金が支給される理由です。

それが退職後であればどうでしょうか。
会社に籍がないのであればその時点で給料(=生活費)を受ける権利がなくなっています。
それであれば傷病手当金をもらう権利はないのではないでしょうか?
いいえ、その場合でもいくつかの条件を満たせば傷病手当金の支給を受けられることになっています。
それは病気で長期間治療に専念しなければならない状態になった場合、会社を一旦退職して治療を行いたいと考える人もいると思います。
そうなった場合に結局会社を病気によりやめることになったわけですから、生活の保障が必要になったことに変わりありません。
それであれば傷病手当金を一定の条件の元に支給しなければ、従業員の生活を病気から守るという制度の目的が達成されないわけです。
これが退職後にも傷病手当金を受けられる理由です。

スポンサーリンク

退職後の傷病手当金の支給条件

ではまず在職中の傷病手当金の支給条件について確認しておきましょう。

  1. 療養中であること
  2. 仕事につくことができないこと

については必須条件です。ただし退職後の傷病手当金についてはこれに2つの条件が加わることになります。

  1. 資格喪失の前日まで健康保険の被保険者期間が継続して1年以上あること
  2. 健康保険の被保険者の資格を喪失したときに傷病手当金の支給を受けているか、または受けられる条件を満たしていること

この2つの条件について次から見ていきましょう。

資格喪失の前日まで健康保険の被保険者期間が継続して1年以上あること

退職後の傷病手当金の支給には健康保険の加入期間に関する条件が加わります。
1年以上ですのでちょうど1年でもこの条件を満たすことができます。

健康保険の被保険者の資格を喪失したときに傷病手当金の支給を受けているか、または受けられる条件を満たしていること

退職後の傷病手当金を受けることができるのは在職中から引き続いている病気に限るということです。
そして「傷病手当金の支給を受けている」とは待期が完成し、1日でも支給を受けている状態をいいます。
そのため退職後の傷病手当金の支給を受けるには最低でも4日間は傷病手当金の申請を行っている必要があります。
ではこの「または受けられる状態」とは何でしょうか?
これは待期が完成し病気欠勤したならば傷病手当金を受けられるはずだが、会社から給料の支給を受けているために不支給になっているような場合をいいます。
病気により退職し治療に専念する方の中には、在職中の有給休暇をすべて使い会社を退職するということも考えられます。
その場合に傷病手当金を受けている方だけを退職後の傷病手当金の対象にすると生活保障に不公平が生じるため「受けられる状態」も含めています。

「傷病手当金の支給を受けているか、または受けられる条件を満たしていること」を判断する日はいつなのか?

この条件の判断する日について確認します。
この条件を注意して読むと「健康保険の被保険者の資格を喪失したときに」と書かれています。
これはいいかえると「退職日当日に」という意味です。
そのためたとえ退職日の前日まで体調が悪く出勤できない状況であったとしても、退職日には症状が落ち着いたため出勤した、ということであれば退職後の傷病手当金の支給を受けることはできません。
あくまでも退職日当日に病気欠勤している事が条件です。

退職後の傷病手当金の支給は就労が可能になった時点で打ち切られる

退職後の傷病手当金は就労が可能になった時点で打ち切られます。
傷病手当金の支給が一度でも打ち切られたり、アルバイト等で労務不能とは認められない日があればその時点で退職後の傷病手当金の支給は打ち切られるため、仕事に復帰する場合には復帰時期を慎重に考えましょう。

参考ページ

うつ病で会社を休んでいる場合にも傷病手当金をもらうことができるのか?

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 条件を満たせば退職後についても傷病手当金がもらえる
  2. 【平成26年7月新様式】傷病手当金支給申請書の記入方法!(被保険者が記入するとこ…
  3. 傷病手当金のもらえる期間の確認をしよう
  4. 傷病手当金の申請の流れを確認しよう

関連記事

  1. アイキャッチ

    Q&A

    家族の扶養に入りながら退職後に傷病手当金をもらう!方法と注意点は?

    日本に住所がある限り、必ず何らかの健康保険制度に加入しなければなりませ…

  2. Q&A

    退職後の傷病手当金と雇用保険の基本手当は同時に受給できるのか?

    退職後の傷病手当金を受給できる方の中には雇用保険の基本手当の支給要件を…

  3. 傷病手当金の支給額調整

    傷病手当金と年金の調整について

    傷病手当金は病気で会社を欠勤せざるを得なくなり、会社から給料をもらえな…

  4. 退職後の傷病手当金

    退職後の傷病手当金を受給する場合の健康保険について

    退職後の傷病手当金を受給する場合については在職時の健康保険加入期間から…

コメント

    • 吉永里美
    • 2014年 6月 01日

    欠勤で療養期間中にボーナスの支給があった場合は傷病手当金はどうなるか教えて下さい。

    • naka
    • 2014年 6月 01日

    吉永様
    傷病手当金と併給している場合に調整される(傷病手当金がカットされる)のは毎月会社から受け取る賃金のみです。
    したがってボーナス(賞与)については傷病手当金との調整はかかりません。
    ちなみに社会保険における賞与の定義は「賃金、給料、俸給、手当、賞与その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が労働の対償として受けるもののうち、年3回以下の支給のもの」とされています。(年金機構HPより)
    この定義に当てはまるものであれば、傷病手当金の受給中であっても調整はかかりません。

    • 川合 紀子
    • 2014年 7月 10日

    4/15退職してます。
    連続4日休職や退職当日休職はないのですが手続きできるのでしょうか?
    鬱病で社会復帰に不安があります

      • naka
      • 2014年 7月 14日

      川合様
      傷病手当金の支給の条件に連続する3日間の待期期間の完成が条件になっています。
      連続4日間でなくてももらえる可能性はありますが、退職日当日に出勤している場合については退職後の傷病手当金の受給はできません。
      残念ながら川合様のケースでは受給は困難であると思います。

      ご病状が回復されることをお祈りいたします。

    • 赤木
    • 2014年 7月 26日

    退職後の傷病手当金の支給条件についての質問です。
    退職日まで有給であったため、傷病手当金の申請は何もしていませんでした。この場合退職後に申請できるのでしょうか?待機の完成や、退職当日の休職、などの条件はクリアしています。よろしくお願いします。

      • naka
      • 2014年 7月 30日

      赤木様

      退職日までに連続して1年以上、健康保険の加入期間がありますか?
      あるのであれば申請は可能かとおもいます。
      ただしその場合でも在職中から申請期間を設定し、申請することが必要ですのでご注意下さい。

        • 赤木
        • 2014年 7月 31日

        naka様
        健康保険の加入期間は連続して1年以上あります。
        アドバイスに従い、申請してみたいと思います。
        ご回答いただき、ありがとうございました。

    • 田村妙子
    • 2014年 8月 11日

    傷病手当金を2014年1月から支給を受けておりましたが、6月末で退職しました。
    退職日も体調が悪く午前中はお休みを頂いていたのですが、会社の方から「最終日なので何時頃来れそうか」と連絡があったので午後から出勤しました。

    最終日が出勤扱いとなったため7月以降は傷病手当金の支給は受けられないと会社から封書で送られてきたのですが、欠勤したかったところやむを得なく出勤となってしまった場合でも手当は頂けないのでしょうか。

      • naka
      • 2014年 9月 29日

      田村様

      「会社の方から「最終日なので何時頃来れそうか」と連絡があったので午後から出勤しました」とありますが、実際に業務にはついたのでしょうか?
      原則としてのお話を最初にさせていただくと、出勤して業務についているのであれば退職日に労務不能でなければならないという条件を満たさないため、退職日以降の傷病手当金を受けることは残念ながらできません。
      しかし業務についたということではないのであれば、受給できないとも言えません。最終的に保険者(全国健康保険協会などの健康保険の運営者)の審査次第であるため具体的には申し上げられませんが、たとえば
      「会社の制服を返却しに行っただけ」
      「退職のあいさつに会社に行っただけ」
      ということであれば業務にはついていないと判断され、退職後の受給が認められる可能性もあるかとは思います。

      原則としては受給できないことを頭に置いた上で、保険者に相談してみると良いと思います。

      傷病手当金の受給がうまく行くことをお祈りいたします。

    • 中山
    • 2014年 10月 27日

    来年1月退職予定です。
    有給は20日程ありますので
    12月後半から有給消化をしようと
    思っております。

    私はパニック障害があり
    ここのところ 体調が悪く
    (とはいえ、薬を飲んでなんとか
    就労できている状態で辛い日々です)
    近々 かかりつけ心療内科に
    再来予定です。
    また 退職後は 療養に専念したい為
    傷病手当を…と考えたのですが
    理解力が低く 分からなかったので
    書き込み致しました。

    疑問点
    ★ 出勤できている間に申請をすることは出来るのでしょうか?
    医師から 何日から休養を要す と書いていただければ それに合わせてお休みを取る形…というのは不可能なのでしょうか?
    また その場合のお休みは有給や公休でなく 無休にしてもらわなければならないのでしょうか?
    ★ 労務不能期間 の考え方がイマイチよく分からなかったのですが、公休でも療養のためのものであれば労務不能とみなされるのでしょうか?
    また、その場合 有給とくっつける形で、連続して3日以上公休にしなければならないのでしょうか?

    長々と申し訳ありません。
    12月後半より有給を消化し、1月に退職。尚且つ 退職後療養に専念したく思っております。
    良い方法があれば教えて下さい。
    よろしくお願い致します。

      • naka
      • 2014年 10月 27日

      中山様

      ご質問についてお答えいたします。

      出勤できている間に申請をすることは出来るのでしょうか?
      →出勤できている期間については傷病手当金の申請を行うことはできません。あくまでも病気欠勤している期間について申請できる制度です。

      医師から 何日から休養を要す と書いていただければ それに合わせてお休みを取る形…というのは不可能なのでしょうか?
      →医師が何日から休養を要すると書くほど病状が悪いのであれば、会社を休んで療養に専念する必要があります。
      よって休養を要するとされた日から休みを取り、その期間について傷病手当金を申請することは可能かと思います。

      また その場合のお休みは有給や公休でなく 無休にしてもらわなければならないのでしょうか?
      →傷病手当金の支給を受ける日については無給で休んでいる必要がありますが、傷病手当金の待期期間については有給であっても構わないことになっています。

      公休でも療養のためのものであれば労務不能とみなされるのでしょうか?
      →公休であっても医師が労務不能と認める期間に含まれているのであれば認められます。

      また、その場合 有給とくっつける形で、連続して3日以上公休にしなければならないのでしょうか?
      →このご質問は待期期間のことでしょうか?
      待期期間であれば有給とくっつけてもくっつけなくても3日間の連続した欠勤日が必要です。
      この欠勤日とは出勤していない日のことをいい、有給を使用した日であっても、あらかじめ出勤予定ではない日であってもかまわないことになっています。

      • naka
      • 2014年 10月 27日

      中山様

      ご質問についてお答えいたします。

      出勤できている間に申請をすることは出来るのでしょうか?
      →出勤できている期間については傷病手当金の申請を行うことはできません。あくまでも病気欠勤している期間について申請できる制度です。

      医師から 何日から休養を要す と書いていただければ それに合わせてお休みを取る形…というのは不可能なのでしょうか?
      →医師が何日から休養を要すると書くほど病状が悪いのであれば、会社を休んで療養に専念する必要があります。
      よって休養を要するとされた日から休みを取り、その期間について傷病手当金を申請することは可能かと思います。

      また その場合のお休みは有給や公休でなく 無休にしてもらわなければならないのでしょうか?
      →傷病手当金の支給を受ける日については無給で休んでいる必要がありますが、傷病手当金の待期期間については有給であっても構わないことになっています。

      公休でも療養のためのものであれば労務不能とみなされるのでしょうか?
      →公休であっても医師が労務不能と認める期間に含まれているのであれば認められます。

      また、その場合 有給とくっつける形で、連続して3日以上公休にしなければならないのでしょうか?
      →このご質問は待期期間のことでしょうか?
      待期期間であれば有給とくっつけてもくっつけなくても3日間の連続した欠勤日が必要です。
      この欠勤日とは出勤していない日のことをいい、有給を使用した日であっても、あらかじめ出勤予定ではない日であってもかまわないことになっています。

    • shimoo
    • 2014年 11月 16日

    教えてください。
    私は今、双極性障害と、てんかんの為8月から休職しております。
    8月分は有給、9月からは傷病手当です。
    復帰は見込めないため、今年で退職します。退職日は会社のほうから社会保険の都合で12月30日となります(会社の給料が前払い方式のため健康保険は会社で加入の形になっています)
    しばらくは傷病手当で生活するの予定ですが、1月の健康保険、また12月の健康保険のこと、基準を満たしていて退職後も傷病手当を受け取れるのが心配です。
    私は退職後も傷病手当は受給可能でしょうか?教えてください。

    • 美紀
    • 2014年 11月 16日

    只今、病気休職してますが、今月残りは診断書も出てますし、休職扱いで末に退職です。
    で、傷病手当てもらいたいのですが、この場合は退職してももらえますか?
    今月、ボーナスも入るのですが、それは関係ありませんか?
    もし休職の間で有休使ったら、それはどうなりますか?
    傷病手当ては医師の診断書いりますよね?
    それは1回だけ書いてもらったら、ずっーと復帰可能になるまで、傷病手当てはもらえるのでしょうか?

      • naka
      • 2014年 11月 17日

      美紀様

      退職時点で傷病手当金を受給しており、資格喪失の前日まで健康保険の被保険者期間が継続して1年以上ある場合には退職後も傷病手当金を受けることができると思います。
      しかし、退職後の傷病手当金は申請と申請の期間が1日でも開いてしまうと受けられなくなったり、就労可能の状態になった時点で以後受けられなくなるため注意してください。

      ・診断書について
      傷病手当金の申請には診断書は必要ありませんが、傷病手当金支給申請書に医師の証明をもらう必要があります。
      これは一度医師に書いてもらえば以後不要になるものではなく、申請期間に応じてその都度医師に証明してもらうことになります。
      ですから申請の都度、医師に証明をもらって提出してください。

    • 牧田
    • 2014年 12月 18日

    傷病手当について理解力がなく書かせていただきました。
    私は7月20日から会社勤務をしておりました。
    ここのところ、体調が思わしくなかったのですが、休んではならない(有給もないので)社風上ではありましたが通勤しておりました。
    今日、限界を感じ病院を受診したのですが、適応障害で長期療養が必要と診断されました。
    風邪症状もあり、今日は風邪で会社をお休みしましたが、わたしのように6ヶ月未満の場合は傷病手当は支給になりますでしょうか?
    給与日は25日となっています。
    宜しくお願いいたします。

      • naka
      • 2014年 12月 21日

      牧田様

      回答致します。
      在職中の傷病手当金には勤続年数や健康保険の加入期間の条件はありません。
      よって牧田様のように入社6か月であっても、傷病手当金の支給条件を満たす限り支給されます。

      しかし1つ注意しなければならないことがあります。
      これは傷病手当金の話ではありませんが、会社によっては就業規則で病気欠勤の期間が決められている場合があります。
      例えば
      「休職期間3か月を経過しても復職できない場合には、退職とする」等、就業規則で規定されている場合です。
      この場合には休職期間については傷病手当金を受給できますが、入社後9か月で退職することになるため、退職後の傷病手当金の受給はできないことになります。

      退職後の傷病手当金の支給条件についてはこちらを参考にしてください。
      《参考》
      条件を満たせば退職後についても傷病手当金がもらえる

    • 真弓
    • 2015年 1月 18日

    退職後の傷病手当申請について、
    教えて頂ければと思いコメント致します。
    宜しくお願いします。

    10月末に病気がわかり、治療することが決まりました。
    入院が伴うため、仕事を辞め当初の病院から変え他県の病院に行くことにしました。
    12/24初診
    27まで仕事をし、28~31日までが待機期間になると思っています。
    保険は1年以上入っていました。

    1月に入院前検査で1度通院し、2月から入院することになっています。

    申請書には会社記入欄がありますが、
    退職していても記入してもらう必要がありますか?
    待機期間分と1月以降と分けた方がいいというような記載もあり、混乱しています。
    私の場合はどのような方法があるのでしょうか?

    自分で動ける時間もあまりないので、
    是非教えて頂きたいです。
    長くなりましたが、宜しくお願いします。

      • naka
      • 2015年 1月 18日

      真弓様

      ご質問の中で少しわからない点がありましたので、わかる範囲でお答えを致します。
      もしこの回答を読まれて、ご不明な点があればもう一度ご質問をいただければお答えいたします。

      申請書には会社記入欄がありますが、
      退職していても記入してもらう必要がありますか?
      →退職後の傷病手当金の申請期間については会社の証明は必要ありません。もしも1月末まで会社に籍があるのであれば、会社の証明は1月末までの分で結構です。

      12/24初診
      27まで仕事をし、28~31日までが待機期間になると思っています。
      保険は1年以上入っていました。
      →退職日はいつでしょうか?

      1、退職日が12/31の場合
      12/28~12/30が待期期間になると思います。
      ただし、退職後の傷病手当金の申請は会社在籍中に待期期間+1日以上の申請期間が必要になりますので、12/28~12/31までの申請を1回目の申請として行ってよろしいと思います。
      申請期間は待期期間と受給できる期間を分ける必要はありませんので、1月分もまとめて申請しても間違えではありません。
      12/28~1/31を1回目の申請としても、12/28~12/31を1回目として1/1~1/31を2回目としてもどちらでも良いと思いますが、2月に入院するのであれば12/28~12/31の申請を終えておいたほうが入院期間と傷病手当金の審査期間が重ならずスムーズかと思います。

      2、退職日が12/27の場合
      12/27退職であれば、健康保険加入期間中に待期期間+1日の申請期間を取ることができないため、退職後の傷病手当金を受給することができません。
      待期期間や1年以上の加入期間が必要なことを理解されているようなので、大丈夫かと思いますが、念のため記載します。

      傷病手当金の申請がスムーズにできることをお祈りしております。

        • 真弓
        • 2015年 1月 19日

        ご丁寧な返信ありがとうございます!
        度々申し訳ないのですが、もう少し教えて頂きたいです。

        退社は12/31なので、1のパターンです。
        12/28~31分の申請の場合は会社に記入をお願いしないといけないのでしょうか?
        離職票が届いたのもかなり遅く、
        出来ればもう関わりたくないのですが…

        宜しくお願いします。

          • naka
          • 2015年 1月 19日

          真弓様

          回答致します。

          12/31退職であれば12/28~12/31分の会社の証明は必須になりますね。
          退職した会社なのであまり関わりたくないとは思いますが、傷病手当金の給付金は大きいので、なんとか頑張ってください。

          余談ですが初回の傷病手当金の申請には出勤簿や賃金台帳が必要になりますので、傷病手当金の証明と一緒にもらっておいたほうが申請がスムーズかと思います。

          傷病手当金の申請がうまく行くことをお祈りしております。

    • 田中
    • 2015年 1月 19日

    傷病手当の事で聞きたいのですが、昨年9月14日から脳出血により休職してます。
    有給や振替休により、12月分迄給料が支払われていましたが、1月分より欠勤してます。5日に復職しましたが、体力的に無理で会社と話し合い1月20日で退職になります。
    会社から1月分は傷病手当の申請をしてあげるのでそれ以降は自分で申請して下さいと言われました。会社から病院には1月20日迄の意見書を書いて貰ってと言われましたが、その後の手続きはどうしたら良いのでしょうか教えて下さい、お願いします。

      • naka
      • 2015年 1月 20日

      田中様

      回答致します。

      在職期間中については会社の指示の通り、主治医の意見を傷病手当金支給申請書に書いてもらい、出勤簿と賃金台帳を添付して申請手続きをとることになります。
      恐らく1/20までについては会社でもやってもらえるのではないかと思います。
      ですから退職後についてご説明いたします。

      1、傷病手当金支給申請書の準備
      退職後についてはまず田中様ご自身で傷病手当金支給申請書を用意する必要があります。
      もしプリンターがあり、加入している健康保険が協会けんぽであればこちらをご活用ください。
      プリンターがない場合には、お住いの協会けんぽの窓口で申請書をもらうか、電話で郵送を依頼する方法があります。
      申請書をもらうだけであればご家族でも可能です。

      2、傷病手当金の申請期間の設定
      通常1か月に1度申請しますが、その申請期間を決めなければなりません。
      とは申しましても、この申請期間は特に制限がありません。
      退職日から1か月ごと区切って申請期間を設定してもいいですし、月末ごとに区切ってもかまいません。
      田中様の管理のしやすい期間がよろしいと思います。

      3、医師に証明を記入してもらう
      この際に注意しなければならないのは、2で設定した申請期間が経過した後に医師に証明を記入してもらうことです。
      労務不能であることの証明は、過去の期間の分しか認められません。
      ですから医師に書いてもらうのも申請期間が経過してからにしましょう。

      4、被保険者が記載するところに記入する
      最初から順に、被保険者が記入するところを書いていきます。
      ここで注意しなければならないのは、健康保険の記号と番号は在職中のものを記載することです。
      国保に切り替えたり、健康保険の任意継続に切り替えたりしていると思いますが、ここで記入するのは在職中の健康保険証の記号と番号です。
      退職する際に会社に返却することになりますが、その前に健康保険の記号と番号をメモしておくか、健康保険証をコピーして残しておくほうことをお勧めします。

      5、保険者に提出
      4まで終わったらあとは提出し、審査を受けるだけです。
      事業主の証明は退職後の傷病手当金には必要ありませんので空欄のまま提出しても結構です。
      保険者への申請は、郵送でも直接窓口でも受けていただけると思います(全国健康保険協会の場合)。

      このような流れで退職後の傷病手当金の手続きを進めることになります。

      手続きがうまく進むことをお祈りしております。

    • 真弓
    • 2015年 1月 20日

    何度もご丁寧にありがとうございます。
    教えて頂いたように申請してみようと思います。

    • あい
    • 2015年 2月 05日

    主人がうつ病の為、今後20日の有給休暇を取ったのちに退職します。うつ病治療もしており、会社に3年以上勤めています。
    傷病手当の申請はどのように進めたらよいのでしょうか?

      • naka
      • 2015年 2月 07日

      あい様

      傷病手当金の支給申請の流れについて説明いたします。

      1、在籍期間中の事業主の証明をもらう
      退職後の傷病手当金の申請を受ける場合には、在職期間から継続して病気で労務不能の状況が続いていることが必要です。したがって在職期間については在籍している会社の証明をもらう必要があります。あい様の旦那様につきましては20日間有給休暇を取得して退職するとのことですので、退職日までの20日分の事業主の証明をもらうことが必要です。その際に傷病手当金の申請期間の前月分以降の出勤簿と賃金台帳を添付資料として提出する必要があるので、会社からもらいましょう。

      2、申請期間の設定をする
      申請期間の設定をします。これは決められたルールはありませんので、ご自身で決めてよいものです。あい様の旦那様の場合には在職期間中から申請期間を設定する必要がありますので、退職日前少なくとも4日前から申請しましょう。分かりにくければ有給の使用を開始し始めた日から申請の始期を設定したほうが無難かと思います。
      申請期間の末日はいつでもかまいませんが、あまり長い期間にしてしまうと傷病手当金の入金までに時間がかかりますので、月末で締めていったん申請するか、退職日から1か月後に締めるかするほうがよろしいと思います。

      3、医師の証明をもらう
      傷病手当金の申請期間について医師に証明をもらいます。その際に注意しなければならないのは医師の証明は申請期間が経過した後に書いてもらうということです。申請期間が終了する前の医師の証明は有効な証明として認められない可能性がありますので注意してください。

      4、申請書の記入
      被保険者が記入するところに記入して提出します。

      5、保険者による審査が通れば入金されます。

      初回につきましては以上のような流れになります。
      以後病気が続き2回目の申請をする場合には、申請期間の設定をして→医師にその期間の証明をもらい→「被保険者が記入するところ」に記入して提出する。という流れを繰り返します。

      スムーズに申請が進むことをお祈りいたします。

        • あい
        • 2015年 2月 09日

        お返事ありがとうございます。会社に、傷病手当の申請をしたいと話すと、傷病手当の申請をすると、有給使えないと言われました。そして、すぐに医師の証明書を提出するようにと…
        無知で申し訳ありません。色々調べましたが、よく分からず…。有給取得後の翌日に退職して、退職日より傷病手当を頂くことはできないのでしょうか?
        可能な場合、どのように会社に伝えたらよいのでしょうか?アドバイス頂ければ幸いです…。

          • naka
          • 2015年 2月 14日

          あい様

          回答致します。
          会社では有給を使えないと言われたけれど、有給を使用して退職日から傷病手当金をもらいたいということでしょうか?

          状況がよくわからない部分があるのですが、あい様の希望は
          「有給を使用」→「有給使用終了後退職」→「退職日から傷病手当金の申請」
          この流れで傷病手当金の申請をしたいということでしょうか?

          一方会社が言っていることは
          「(有給を使用せずに)傷病手当金の申請」→「退職」
          ということでしょうか?

          上記の推測が正しければということでお話を進めますと、あい様の希望の申請の流れでは傷病手当金を受けることができません。
          在職期間中から傷病手当金の支給を受けているか、受けられる状況であったと認められないからです。
          一方会社の言っている方法であれば傷病手当金を受けるのは可能かと思います。
          《参考》
          退職後の傷病手当金の支給条件である「資格喪失時に傷病手当金を受ける条件を満たしていること」とはどういうことか
          条件を満たせば退職後についても傷病手当金がもらえる

          前回の回答のように有給休暇を使用しながら傷病手当金の申請をする方法があい様にとってはベストな方法ではありますが、有給休暇の取得にこだわりすぎて会社の機嫌をそこねてしまい傷病手当金の申請ができないという事態は避けたほうが良いと思います。

          私見ではありますが、退職後の傷病手当金の受給を優先して考えて有給休暇の使用を見送ってはいかがでしょうか。
          ご検討の材料にしていただければと思います。

    • パリジェンヌ
    • 2015年 2月 08日

    はじめまして、以下質問させていただきます。

    【質問】退職後の傷病手当申請の際に、在職中とは異なる病名で申請した場合どうなるのか。(受理されるのか否か・・・)
    【現状】2014年6月、内科にて甲状腺機能低下障害で休職し傷病手当を受給開始後、2014年8月メンタルクリニックで抑うつ状態と診断される。その後も退職日(2015年1月29日を最終出社日として、その後は有給消化の上、2015年2月20日)までは甲状腺機能低下障害で傷病手当てを受給。

    今後、退職後に傷病手当を申請する予定ですが、その際に、病名を抑うつ状態と変更した場合は、申請は受理されるのでしょうか。メリットデメリットがありましたら、教えていただけますと幸いです。

    ※ 内科の先生があまり協力的ではないため、都度お願いするのが億劫なので、できればメンタル
    クリニックの先生にお願いしたいというところです。

    お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。

      • naka
      • 2015年 2月 13日

      パリジェンヌ様

      回答致します。

      退職後の傷病手当金は在職期間中から受給していた病気と同じ病名でなければ受給することができません。したがって在職期間中に甲状腺機能低下障害で傷病手当金を受給しているのであれば、退職後も甲状腺機能低下障害で受給しなければ傷病手当金は受けられなくなってしまいます。

      方法としましては、在職期間中から抑うつ状態の病名でも傷病手当金の申請を行うことです。もちろん抑うつ状態でも労務不能であると医師が証明をする必要がありますが、もし抑うつ状態でも労務不能が認められるのであれば、退職後の傷病手当金は甲状腺機能低下障害でも抑うつ状態受けられることになります。

      ※余談ですが甲状腺機能低下障害と抑うつ状態は別疾病なので、抑うつ状態での傷病手当金の受給開始日は抑うつ状態からスタートできるものと思われます。
      《参考》
      同時に複数の傷病名により傷病手当金を受ける場合

    • ジン
    • 2015年 3月 17日

    突然のご連絡すみません。
    こちらで、傷病手当金についてアドバイスをしていただいているのを知り、ぜひ私にもご教示願えればと思いご連絡させて頂きました。

    ①私は、重度のナルコレプシーで今年の一月中旬から休職を頂いており、有給消化した為、2/5から無給欠勤の状態になっております。現在、会社には2/5から2/25までの日付で第1回目の傷病手当金の申請をしたのですが、会社が20日締で受付処理をするため、まだ受理されてない状態なのですが、その状態で退職しても傷病手当金を受給し、退職後も継続受給が可能でしょうか。(現状は、このまま片付けの出社以外は欠勤し、退職日は欠勤か有給を利用する予定です。健保は1年以上加入しています。)
    また、継続が可能の場合、2回目は2/26〜の日付で申請が必要でしょうか。

    ②上記の状態で退職する際、休職の診断書は3/31までの日付で提出しており、現状では4月予定で退職を考えております。しかし4月からは地元の病院に通院する為、新たな診断書を地元の病院で書いて頂かないといけませんが、その際は4/1〜退職日までの日付で診断書を作成してもらえばいいのでしょうか。それとも、4/30までの日付で書いてもらっても問題ないでしょうか。

    ③他のサイトで、加入保険によっては傷病手当金の継続受給ができないとあったりするのですが、任意継続健保、国民健康保険、扶養者健保のどれに退職後は加入していれば問題ないのでしょうか。

    長文となってしまいましたが、ご教示のほどよろしくお願いします。

      • naka
      • 2015年 3月 18日

      ジン様

      回答致します。

      ①私は、重度のナルコレプシーで今年の一月中旬から休職を頂いており、有給消化した為、2/5から無給欠勤の状態になっております。現在、会社には2/5から2/25までの日付で第1回目の傷病手当金の申請をしたのですが、会社が20日締で受付処理をするため、まだ受理されてない状態なのですが、その状態で退職しても傷病手当金を受給し、退職後も継続受給が可能でしょうか。(現状は、このまま片付けの出社以外は欠勤し、退職日は欠勤か有給を利用する予定です。健保は1年以上加入しています。)
      また、継続が可能の場合、2回目は2/26〜の日付で申請が必要でしょうか。
      →2/5~2/25の傷病手当金が受給できること、退職日は欠勤か有給(要は出勤していない)であること、健康保険の加入が1年以上あること、の条件を満たせば退職後も傷病手当金の受給が継続できるものと思われます。1回目の申請が2/25までのようですので、2回目は2/26~でよろしいと思います。

      ②上記の状態で退職する際、休職の診断書は3/31までの日付で提出しており、現状では4月予定で退職を考えております。しかし4月からは地元の病院に通院する為、新たな診断書を地元の病院で書いて頂かないといけませんが、その際は4/1〜退職日までの日付で診断書を作成してもらえばいいのでしょうか。それとも、4/30までの日付で書いてもらっても問題ないでしょうか。
      →ジン様のおっしゃる診断書というのは傷病手当金支給申請書の医師意見欄のことでしょうか?傷病手当金の申請には一般的に言う「診断書」は必要ありません。
      念のため診断書を傷病手当金の医師意見欄として読み替えて回答させていただきます。
      傷病手当金の受給中に病院を転院する場合には、転院前の期間の医師意見欄は転院前の担当医師に記入してもらい、転院後の期間の医師意見欄は転院後の担当医師に記入してもらうことになります。医師は自分が診察していない期間については証明を書くことができないからです。

      ③他のサイトで、加入保険によっては傷病手当金の継続受給ができないとあったりするのですが、任意継続健保、国民健康保険、扶養者健保のどれに退職後は加入していれば問題ないのでしょうか。
      →退職後の傷病手当金の継続給付については、その期間中にどの健康保険の制度に加入しているかは問われません。
      したがって任意継続でも国民健康保険でも家族の被扶養者になっても傷病手当金の継続給付には影響ありません。
      しかし家族の被扶養者になる場合には、一定額以下の収入であることが条件になっています。
      傷病手当金の給付金はその収入に含まれるため、傷病手当金の受給はできますが、扶養の条件からは外れてしまうということが生じることがあります。
      家族の被扶養者になる場合にはその点についてご注意ください。

      《参考》
      家族の扶養に入りながら退職後に傷病手当金をもらう!方法と注意点は?

      また現在はあまり必要ない知識かもしれませんが、昔は任意継続被保険者であっても傷病手当金の支給を受けられる時代がありました。
      ジン様が調べた他サイトはその昔の情報が残ってしまっていたのかもしれません。
      退職後の傷病手当金の受給はひとつ間違えるとその後の受給が途絶えてしまう可能性がありますので慎重に行ってくださいね。

      返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

        • ジン
        • 2015年 3月 23日

        naka様

        ご回答ありがとうございます。
        不明点が分かり、助かりました。

        このたび4月末をもって退職する予定ですが、有給休暇が10日ほど残っている為、有給消化する予定です。
        その際、傷病手当金受給中は、有給日数分のみ健保から受給が無くなり、その後は継続受給が可能でしょうか。また、利用する場合、退職日から逆算した日数で申請しても特に問題ないでしょうか。よろしくお願いします。

          • naka
          • 2015年 3月 23日

          ジン様

          回答致します。

          このたび4月末をもって退職する予定ですが、有給休暇が10日ほど残っている為、有給消化する予定です。
          その際、傷病手当金受給中は、有給日数分のみ健保から受給が無くなり、その後は継続受給が可能でしょうか。
          →その通りです。
          申請期間の中で有給休暇を使用している日がある場合には、その日数だけ傷病手当金の支給日数が減ることになります。

          また、利用する場合、退職日から逆算した日数で申請しても特に問題ないでしょうか。
          →傷病手当金の申請期間から有給休暇の使用日数を引いた日数で申請するということでしょうか?
          それでも間違えではありませんが、傷病手当金の申請期間は有給休暇の日数を差し引かず、申請期間のすべての日の申請をしたほうがよろしいと思います。

    • isoka
    • 2015年 5月 13日

    突然のご相談失礼します。
    いまの会社に勤めて3年目になります。この度医師からの診断で精神を患ったため、本日(5/13)より、休職予定です。

    しかし、会社から復職が見込めないなら今すぐ辞めろと言われており、
    週明け月曜日の5/18にどうするか正式な回答をしなくてはなりません。
    私自身としては過酷な仕事環境を考えると、復職は難しいと判断しており、退職の旨を伝えるつもりです。

    退職の連絡をするまでに公休含め5日はあるので、待機期間は満たしているのですが、
    退職の宣言をした後でも、傷病手当の手続きをすることは可能なのでしょうか。

    また、その場合は退職後に申請という形でも良いのでしょうか。

    退職を決めてから傷病手当の申請ができる場合でも、退職のための書類等記入で数日は時間あるかなとは思っているのですが、退職日までには申請が間に合わないのではと思っています。。

    また総務も協力的になってくれるだろうかと正直不安しかありません。。

    雑文で申し訳ありませんがアドバイスいただけるとありがたいです。

      • syoubyouteate
      • 2015年 5月 17日

      isoka様

      回答致します。

      退職の連絡をするまでに公休含め5日はあるので、待機期間は満たしているのですが、退職の宣言をした後でも、傷病手当の手続きをすることは可能なのでしょうか。
      また、その場合は退職後に申請という形でも良いのでしょうか。

      →会社に退職の意思を伝えた後であっても傷病手当金の申請は可能です。退職した後に傷病手当金支給申請書を保険者に提出してもかまいません。
      傷病手当金の申請には会社の証明をもらう必要がありますし、添付書類の準備も必要です。
      退職する前に傷病手当金を申請したい旨を話し、協力を依頼しておきましょう。

    • ミネ
    • 2015年 5月 31日

    退職後の傷病手当金の支給条件についてご質問です。
    5/27 に自律神経失調症の診断をされました。5/19から欠勤だった為会社に傷病手当金の申請をお願いしました。5/31付けで退職し、6月以降は自身で傷病手当金は申請を考えています。
    資格条件の1年以上の健康保険の継続加入とありますが、退職した会社は2015/2/14に入社のため条件には当てはまりません。
    以前の職場で3年ほど加入していた事はありますが、今回は支給対象となりますでしょうか?

      • syoubyouteate
      • 2015年 6月 09日

      ミネ様

      回答致します。

      資格条件の1年以上の健康保険の継続加入とありますが、退職した会社は2015/2/14に入社のため条件には当てはまりません。
      以前の職場で3年ほど加入していた事はありますが、今回は支給対象となりますでしょうか?
      →前職でも健康保険に加入していて、このたび退職した会社で加入した健康保険の資格と切れ目なくつながっている場合には退職後にも傷病手当金を受けられる可能性があります。
      期間的日にちがあかずにつながっている場合のみ条件を満たすことになります。

    • まちゃ
    • 2015年 10月 20日

    突然の質問失礼します。
    今の会社に入社して一ヶ月半たちました。
    あまりにも劣悪な環境で研修期間と言うこともあり辞めようと思った矢先に突発性難聴にかかりました。
    この場合、傷病手当は受けとることが出来ますか?
    会社側には退職の意志は伝えましたが、日にちはまだ未定です。
    教えていただけると幸いです。

      • syoubyouteate
      • 2015年 10月 28日

      まちゃ様

      回答致します。

      今の会社で被保険者として健康保険に加入しているのであれば、退職するまでの期間については傷病手当金を受け取ることができます。
      ただし、突発性難聴が労務不能と認められ、病気欠勤をしていることが前提ではあります。

      ちなみに退職後も傷病手当金を受給できるとすれば、前職でも健康保険に加入していて、今回の健康保険の喪失日まで連続して1年以上の加入期間になることが条件です。
      前職の退職から1日も切れ目がなく健康保険が続いていることや、前職の加入期間の証明を取る必要があるため、ハードルが高いですが、条件さえ満たせば受給できる可能性もあることは念のため申し添えます。

    • 陸奥
    • 2015年 10月 23日

    退職後の手続きについて教えてください。
    約半年の通院後、業務に耐えられないとの判断で退職することになりました。
    退職日までの傷病手当は先日振込まれましたが、退職後の申請は新たに医師の診断書など再度そろえる必要がありますか?
    手術をするか、薬で症状を緩和させるかの選択で迷っています。
    担当医が今年いっぱいで転勤するため、投薬を選ぶのであれば、治療は打ち切りと言われました。
    家族の中で手術を反対する者もいる為、投薬を選ぶとすると、現在処方されている薬が切れるまで通院することはなくなりますし、その間に担当医もいなくなる可能性があります。
    通院履歴、診断書なしで引き続き受給の資格は得られるのでしょうか?

      • syoubyouteate
      • 2015年 10月 29日

      陸奥 様

      回答します。

      退職後の期間について傷病手当金を請求する場合には医師の診断書は必要ありませんが、傷病手当金支給申請書の中の医師の証明欄で労務不能であることの証明をいただくことになります。

      >家族の中で手術を反対する者もいる為、投薬を選ぶとすると、現在処方されている薬が切れるまで通院することはなくなりますし、その間に担当医もいなくなる可能性があります。
      →投薬の治療を選んだとしても担当医がいなくなるということはないのではないでしょうか?
      例えば90日分の薬を処方していただいたとしても、その期間に病状の変化があれば医師にみていただく必要が生じると思います。
      その際には、年内であれば今の担当医、それ以降であれば引継ぎを受けた医師が担当することになります。
      投薬を指示したのであればそれを指示した医師の責任があると思いますので、出してそれ以降は何もしないということにはならないのではないかと思います。
      投薬も治療のうちですので、医師にどのような治療のためにどういう薬を出したのかを傷病手当金支給申請書に証明してもらい、傷病手当金を申請することになります。
      たとえ通院日数が少なかったとしてもその治療が病名に対して合理性のある治療であれば保険者も給付を認めて下さると思いますが、この点については申請を行い、審査を仰ぐ以外には受給の可否を申し上げることはできません。

      はっきりとした回答を行うことができず申し訳ありませんが、陸奥様が良い治療を受け、傷病手当金を受給できることをお祈りしております。

    • 磯野
    • 2015年 12月 13日

    退職推奨を受け、自宅待機になっておりましたが、先月より1年前からの病気を治すため、入院しています。入院開始から退院後医師が療養期間として診断書に書いて頂いた1月までの1ヶ月半は傷病手当金の申請を行うよう言われました。2月にに会社へ申請を行いますが、退職日が1月末と言われています。
    退職推奨を受けて以来、これまでのストレスとショックもあり、精神的に不安定なところもあり、現在の病院を退院後、メンタルクリニックにも通院予定です。メンタルクリニックでは、通い始めるとある程度の長い期間の通院が必要との説明があり、退職後も不安です。
    1月以降に、退職後も傷病手当金を申請し、安心して治療ができると聞いたことがあるのですが、現在会社に出してある診断書とは異なる治療と病院で、引き続き退職後の2月から手当金をどのように申請すれば良いのでしょうか。現在の会社には、心療内科の話は一切しておらず、1月末に退職だが、2月に会社へ申請すれば、1月までの手当金は手続きを行ってくれると言われています。
    よろしくお願いします。

      • syoubyouteate
      • 2015年 12月 14日

      磯野様

      回答致します。

      退職後の傷病手当金を心療内科の病名で受給するのであれば、在職期間中から心療内科の病名で傷病手当金を受給している必要があります。
      現在心療内科の件は会社に話してはいらっしゃらないようですが、もし退職後の傷病手当金を心療内科の病名で受給したいのであれば、心療内科の先生の労務不能の証明についてももらうことが条件です。

      傷病手当金の受給のことだけ考えれば心療内科の病名も加えて申請したほうが良いと思いますが、磯野様の状況やお考えもあると思いますので、ご自身で選択して傷病手当金の申請をしてください。

    • 斎藤
    • 2015年 12月 22日

    療養により12月末に退職予定ですが、欠勤中の傷病手当の申請書をこれから初めて提出します。傷病手当金を実際に受け取るのは退職後になると思うのですが、退職後も申請を行いたい場合、条件である、

    −健康保険の被保険者の資格を喪失したときに傷病手当金の支給を受けているか、または受けられる条件を満たしていること

    の「支給を受けている」に該当するのでしょうか。それとも12月末までに実際に支給を受けている必要があるのでしょうか。加入期間の1年以上は満たしています。よろしくお願いします。

      • syoubyouteate
      • 2015年 12月 26日

      齋藤様

      回答します。

      「健康保険の被保険者の資格を喪失したときに傷病手当金の支給を受けているか、または受けられる条件を満たしていること」
      という条件は実際に給付金の振込みが退職日までに済んでいることを指すのではありません。
      12月末に退職するのであれば、12月31日分の申請について給付金を受けているか、受けられる条件を満たしているかどうかの話になります。

      齋藤様の場合、12月31日に無給で休んでいるのであれば傷病手当金を受けることになりますので「受けている状態」になります。
      12月31日に有給を使用して休んでいるのであれば傷病手当金を受けられるが受けていないので「受けられる状態」といえます。

      退職日当日に勤務するとどちらにも該当しなくなり、退職後の傷病手当金の支給を受けられなくなりますので、その点には十分にご注意ください。

    • みょん
    • 2016年 1月 17日

    ご質問があります。
    去年の12月から、うつ病で会社を休みました。
    医者からは、今年の2月いっぱいまで休養を取るようにと言われ休んでいます。
    会社と話し合い今年の1月で退職することになりました。
    傷病手当の申請をとることができたのですが、12月から今年の1月分までしか申請がありませんでした。
    2月の分が申請されていないのですが、申請することはできるのでしょうか?
    その場合、どうすればいいのでしょうか?

    すみませんが、宜しくお願い致します。

      • syoubyouteate
      • 2016年 1月 28日

      みょん様

      回答します。

      傷病手当金は申請期間が経過しなければ申請することができません。
      したがって2月分の申請は2月の申請期間が終了してから行うことになります。

      1月で退職するということですので、2月分については会社を通さずにご自身で申請を行うことになります。
      退職後の傷病手当金の申請については申請できる条件がありますので、こちらでご確認ください。

      《参考》条件を満たせば退職後についても傷病手当金がもらえる

    • 坂口
    • 2016年 1月 28日

    こんばんは。
    質問したいことがございます。

    私は昨年の11月に鬱病で退職しました。有給が残っていたので最終出勤日は10月で、退職日は会社へは行っておりません。
    先月と今月は、生活費を稼ぐ為に短期のアルバイトをしていたのですが今から申請しても受給対象になりますでしょうか?
    因みに先日、失業保険の申請をしたばかりなのですが(まだ完了はしておらず、待機期間中です)こちらはどうなるのでしょうか?

    ご回答頂ければ幸いです。

      • syoubyouteate
      • 2016年 2月 03日

      坂口様

      回答します。

      退職日までずっと有給を使用していたということであれば、在職中については傷病手当金の支給はありません。

      退職日以降の期間について傷病手当金を受けるのであれば退職後の傷病手当金の継続給付の条件を満たすことが必要です。
      しかしたとえその条件を満たしたとしても退職後にアルバイトをしていたということであれば、その時点で労務不能であるとは認められなくなりますので傷病手当金の受給は難しいと思います。

  1. 初めて質問させていただきます。

    今年の2月に突然息苦しさを感じ、未だ続いています。
    ほか、動悸が起きたり、子宮筋腫が見つかり不正出血が続いていました。
    仕事が、人手不足なためなかなか休めず、有給などを使いここまできましたが、たまたま受信した内科にて、パニック障害のようだね。
    と、デパスという薬を処方されました。
    既に7月末で退職届けを出しています。
    ストレスの大半は会社での内容になります。
    今の会社を離れることで、症状の快復をはかれたらと思っていましたが、息苦しさが改善されないため、再就職することの不安があります。
    しかし、仕事をしなければ、生活が困難です。傷病手当などを活用できますでしょうか?

    1度送信していますが、名前を書いたため、ニックネームの方を使用していただけましたら、幸いですm(_ _)m

      • syoubyouteate
      • 2016年 6月 27日

      はなびより様

      情報が少ないため、わかる範囲で回答させていただきます。

      傷病手当金を受給することができるかどうかは、医師が労務不能と認めていることが前提です。
      その労務不能と認められた期間について、無給で会社を休んでいることが条件です。
      傷病手当金は病名の種類は問いませんので、パニック障害だから傷病手当金がもらえるとか、逆にもらえないという判断はすることができません。
      あくまでも担当の医師が診察し、業務につくことができるかどうかを判断することになります。

      退職後の傷病手当金については、被保険者として健康保険に加入している期間が継続して1年以上ある場合で、退職時に傷病手当金をもらっているかもらえる状態である方が受給することができます。
      ただし、退職後に労務不能の期間が1日でも途切れてしまった場合にはその時点で傷病手当金が打ち切りとなりますので、注意が必要です。

    • Momo
    • 2016年 11月 29日

    質問ございます。
    お願いいたします。

    2015年7月から適応障害で傷病手当てを申請し、2016年8月退職しました(退職日も出勤はしておりません)。
    突然の大きな出費が数回あり、手当てだけでは経済的に独り暮らしが厳しくなったことと、一人での生活でこれ以上の回復は難しいのかもしれないと思い、退職後実家に戻りました。
    引っ越し作業をしながら少しずつ体力も体調も良くなってきた感じがしたので、『手当てはもう終了として地元に戻ったらすぐに仕事を始めたい』と思っていたのですが、数日後にまたぶり返してきて調子が崩れ始めました。 今まで通院していた病院は他県で遠く、近場の新たな病院に行くのは、また初めから説明しなくてはならないのかとか、病院に行くことで逆に先生の心ないような言葉にめげてしまう様な思いをもうしたくない。ということもあり、億劫で診察してもらうことまなく眠り続けてしのいでいました。
    現在11月末、もう働き始められるだろうと見込んでいますが、通院もせずにいた退職後9月以降の手当ては今からでも手続きできるものでしょうか?
    可能であれば他県にある通院していた病院に診察してもらおうと考えています。
    ご回答いただけましたら幸いです。

      • syoubyouteate
      • 2016年 12月 03日

      Momo様

      回答致します。

      傷病手当金は病気で働くことができないことに加え、治療をしていることが条件になります。病院が変わることについては問題ありませんが、9月から現在まで通院していないのであれば、傷病手当金の受給は難しいと思います。
      しかし、投薬の状況や病状等によっては、絶対に支給されないとは言い切れませんので、一度保険者に電話で問い合わせてみると良いと思います。

    • tiotaku
    • 2016年 12月 05日

    初めて質問します。
    よろしくお願いします。

    去年の11月初めから鬱により休職していました。今年の10月末から復職し、11月11日まで仕事に就きましたが、また体調を崩し、会社規定の自然退職まで有休を使い、自己退職を勧められた為、退職しました。
    10月は通院してましたが、11月は通院していません。
    また通院して、治療に励みたいと思っているのですが、この場合、傷病手当は申請出来ますでしょうか?

      • syoubyouteate
      • 2016年 12月 06日

      tiotaku様

      回答致します。

      再度通院しようとしている病院は以前と同じ病院でしょうか?
      いままで通院してきた病院と同じ病院に再度受診するのであれば、これまでの経過が分かっているので、証明を書いてもらいやすいと思います。
      違う病院であれば初診日前の証明は書けないので、傷病手当金の受給は難しいと思います。
      申請できるかどうかは、医師に労務不能の証明を書いてもらえるかどうかによります。
      医師に傷病手当金の証明を書いてもらえるかどうか確認してみてください。

      有給を使用して退職するとのことですが、退職後の傷病手当金の申請をする場合には、在職中から傷病手当金の申請をしていることが条件になります。
      たとえ有給で不支給になったとしても、在職期間中からの申請が必要ですので、その点にご注意下さい。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 傷病手当金の支給額調整

    傷病手当金の支給額がカットされる場合はどんな時か?【健康保険加入中の場合】
  2. Q&A

    傷病手当金と出産手当金が同時に受給できる場合にはどちらが優先されるのか
  3. 退職後の傷病手当金

    退職後の傷病手当金の支給条件である「資格喪失時に傷病手当金を受ける条件を満たして…
  4. Q&A

    傷病手当金の支給に要する日数について
  5. 傷病手当金の申請

    傷病手当金の申請書の提出期限は?
PAGE TOP