Q&A

出産に関する病気の傷病手当金について

傷病手当金の支給要件について、病気や怪我により労務不能であることが条件であると忘れて考えてしまう方が多いようです。
特に出産に関する休業を傷病手当金の支給対象に含めて考えてしまう事が多いと思いように思われます。
ここでは出産に関する休業と傷病手当金の支給について確認していきます。

出産を控えている従業員が安全に出産するために「念のため」休業する場合には傷病手当金が支給されるか

出産を控えている方はいつから出産に備え休業に入るか、会社と相談して決めることになります。
休業の計画や復帰の計画を従業員と会社側で話し合い、お互い円満に休業に入ることが望ましいと思います。
しかし労働基準法上の産前の休業は、

6週間以内に出産する予定の女性が休業を請求した場合は、その者を就業させてはならない。

と定められているにすぎません。
しかもこの労働基準法第65条は「就業させてはならない」とは書かれていますが、給料は有給にしなければならないのか無休でもいいのか、何も書かれていないのです。
そのため従業員は休業を請求した結果、無休で休むことになっても労働基準法上は問題がないのです。

ただそれでは法律上働かせてはならないと定めているのに、給料は無給となると労働基準法の目的が達成されない恐れがあります。
その法律の穴を埋めるような形で労働基準法ではなく健康保険法で出産手当金として生活費を保障しているのです。

少し話がそれましたが、出産を控えている従業員が安全に出産するために「念のため」休業する場合に傷病手当金は支給されるかという質問ですが、これは支給されません。
理由は傷病手当金の原則の通り、「病気やケガによる」休業ではないためです。
あくまでも傷病手当金は「病気やケガにより労務に服することができないこと」が条件であり、病気でもケガでもない出産は傷病手当金の対象にはならないのです。

スポンサーリンク

では出産を控えている女性が傷病手当金を受けられる場合とは

上の例では「念のため」休業する場合には傷病手当金は支給されないと説明しました。
ただし支給されない理由というのは「病気やケガ」ではないからです。
もちろん病気やケガにより労務に服することができないのであれば、傷病手当金は支給されます。
例えば「切迫流産」や「切迫早産」、「重度妊娠悪阻」があげられます。
病名は出産に関わるものではありますが、病気であり労務に服することができないと医師が判断する場合には傷病手当金として支給を受けられます。

傷病手当金として支給を受けられるのは、あくまでも「病気やケガのため」の休業であることがポイントになります。

ピックアップ記事

  1. 条件を満たせば退職後についても傷病手当金がもらえる
  2. 【平成26年7月新様式】傷病手当金支給申請書の記入方法!(被保険者が記入するとこ…
  3. 傷病手当金の申請の流れを確認しよう
  4. 傷病手当金のもらえる期間の確認をしよう

関連記事

  1. 傷病手当金1

    Q&A

    傷病手当金は同じ病気につき1年6か月まで支給されるが、その後一定期間を経過すれば同じ病気で傷病手当金…

    傷病手当金は以前傷病手当金の支給を受けていた病気と同じ病気や関連性のあ…

  2. Q&A

    傷病手当金の受給期間に遡って年金が受給できる事になった場合

    傷病手当金を既に受給している人が年金の受給条件を満たした場合には、年金…

  3. 画像1

    Q&A

    1枚の傷病手当金支給申請書で何か月分申請できるのか?

    傷病手当金の申請をするには、申請の都度、申請期間を記入する必要がありま…

  4. Q&A

    傷病手当金と確定申告について

    傷病手当金を受給している場合には、もらった傷病手当金の給付金について確…

  5. Q&A

    同時に複数の傷病名により傷病手当金を受ける場合

    傷病手当金の受給する場合には必ずしも一つの傷病だけで労務不能になるとは…

  6. Q&A

    標準報酬月額と傷病手当金の関係について

    傷病手当金の支給額は「標準報酬日額×2/3×支給日数」で計算しますが、…

コメント

    • hoho30207
    • 2016年 1月 19日

    いつも勉強になります。
    無理なため質問させてください。
    現在第二子妊娠中。
    第一子妊娠中切迫早産になり長期入院をしました。
    そのため、今回も切迫早産になる可能性がかなり高いため勤務を軽減するようにと話がありました。
    この場合傷病手当の受給対象になるでしょうか。
    待機期間の3日以降、1日おきの出勤にする、もしくは週3日の勤務にするなどです。
    入院となれば諦めざるを得ないのですが、恥ずかしながら私の収入無しでは生活が厳しいため、どうにか収入を
    得たいと思っております。

      • syoubyouteate
      • 2016年 1月 26日

      hoho30207 様

      回答します。

      傷病手当金の受給対象になるかどうかは、実際に切迫早産で労務不能であるかどうかによります。
      ですから今回も切迫早産であり、担当のお医者様が労務不能であると証明していただけるのであれば、受給できる可能性があります。

      ただし、一つお伝えしなければならないのは「1日おきの出勤にする、もしくは週3日の勤務にする」という勤務形態です。
      療養のために労務につくことができないことが傷病手当金を受給するための条件ですので、1日おきに出勤したり、週3日の出勤にすることは治療を続けながら労務につくことができるいう判断をされる可能性もあります。
      この点につきましては、保険者や傷病手当金の審査をする担当者により変わってくると思います。
      病名が切迫早産であることも考慮されるとは思いますが、詳しくは直接保険者に聞いてみるほうがよろしいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. Q&A

    家族が病気になり会社を休んだ場合にも傷病手当金はもらえるのか?
  2. 退職後の傷病手当金

    退職後の傷病手当金の支給条件である「資格喪失時に傷病手当金を受ける条件を満たして…
  3. 傷病手当金の申請

    【平成26年7月新様式】傷病手当金支給申請書の記入方法!(被保険者が記入するとこ…
  4. 傷病手当金の申請

    傷病手当金支給申請書に添付する書類について
  5. Q&A

    同時に複数の傷病名により傷病手当金を受ける場合
PAGE TOP