傷病手当金は病気やケガにより仕事を休むことになってしまった場合に、健康保険からもらえる手当金です。
休んだ日に対して通常のお給料の約3分の2がもらえる制度ですので、有効に利用することで安心して治療に専念することができるようになります。
そのためにも支給条件はきちんと確認する必要があります。

スポンサーリンク







まずは支給条件を確認

傷病手当金は次の条件をすべて満たした時に支給されます。
まずは条件を確認して、細かい内容については後に説明していきたいと思います。

条件は次の4つです。

  1. 療養中であること
  2. 労務に服するができないこと
  3. 4日以上仕事を休むこと
  4. 会社から給料が支払われていないこと

それではこの条件を順番に見ていきましょう。

療養中であること

これは病気やケガにより治療を受けていることを意味しています。
たとえ病気やケガで働くことができない状態であっても、その病気やケガの治療をしていないのであれば傷病手当金の対象にはなりません。

労務に服することができないこと

病気やケガによりいつも行っている仕事をすることができない状態であることが条件です。
そのため健康保険の保険者は仕事の内容と病気・ケガの症状を元に就労の可否の判断することになります。

4日以上仕事を休むこと

傷病手当金は病気やケガにより休み始めた日から連続した3日間については支給されず、4日目から支給されることになります。
この連続した3日間の支給されない期間を待期期間(たいききかん)といい、3日間の待期期間を経た状態を「待期完成」といいます。
なぜ待期期間を経なければ支給されないかというと、虚病を防ぐためであると言われています。
嘘により会社を休み傷病手当金を受給しようとする場合も考えられるので、そういった不正を防ぐために最初の連続する3日間については傷病手当金の支給にならない期間を設定しているのです。

傷病手当金をもらえるのはどんな時?支給条件を確認しよう
待期期間についてわかりましたか?病気になったその日からずっと連続して休んでいるような場合にはわかりやすいですが、休んだり出勤したりを繰り返すような場合には注意が必要です。

会社から給料が支払われていないこと

傷病手当金は病気により働くことができなくなった方の生活保障のための制度です。
そのため会社から休んでいる期間について給料をもらっているような場合には傷病手当金は支給されません。

Q 有給休暇を使い終わらないと傷病手当金をもらうことができないのか?
→A 有給休暇を使い終わらなくても傷病手当金は受けられます

有給休暇は従業員が使うか使わないか自由に選ぶことができます。
ですから病気欠勤をする従業員が病気欠勤の期間について有給休暇を使用したいということであれば使用することもできますし、有給休暇を使用せず傷病手当金を受給するということであれば有給休暇を使用しないこともできます。
病気欠勤の期間については傷病手当金の支給を受けることができるとはいえ、もらえる金額は標準報酬日額(日給)の3分の2程度です。
有給休暇であれば1日休めば1日分の給料がもらえるので従業員としては有給休暇を選びたい場合もあるかと思います。
傷病手当金は病気欠勤の場合に必ず申請しなければならないものではないので、従業員と会社とで話し合って申請をするかどうか決めましょう。

会社から給料の一部が払われている場合には?

会社から給料の一部が払われている場合には会社から受けた給料と傷病手当金を日額ベースで比較し、傷病手当金の方が支給額が高ければ給料との差額が傷病手当金として支給されます。

難しいかもしれませんのでイメージを載せました。
会社からもらう給料>傷病手当金
会社からもらう給料の額が傷病手当金の額よりも多い場合には傷病手当金は支給されません。

傷病手当金>会社からもらう給料
逆に会社からもらう給料の額が傷病手当金の額よりも少ない場合には傷病手当金は差額分が支払われます。

※傷病手当金は平成28年4月から支給額の計算方法が変わりました。
計算方法につきましてはコチラで解説をしていますので、ご確認をお願いします。
《参考》【平成28年4月から】傷病手当金の計算方法が変わりました!

傷病手当金は病気で療養が必要になった場合の生活保障の制度です。
いざ病気になった場合にはこの制度を思い出してください。もらえる金額が大きいので申請手続きがもれてしまうと大変ですよ